夕風日記

子育てを中心に、日々のあれこれを綴ります。居心地の良い毎日を模索中。イラスト好きです。

思い直すこと

最近毎朝4歳の娘の寝起きが悪いです。 だいたい泣いて起きてきて、 「おかあさん、もう着替えた?」

「なんで着替えたの〜泣 もう一回!!やり直し!!」

お布団に入って着替えることを一緒にやりたいみたいです。 私は 「お母さんは先に起きて着替えて顔を洗ったりお弁当作ったりしなきゃいけないの!!忙しいのに、やり直しなんて無理!!」と、ピシャリと言い続け、娘の希望には応えませんでした。

朝起きたら、顔を洗い、着替えて化粧をしてお弁当や朝食を作る一連の作業をしなくてはいけないと信じていて、それが当たり前でした。なので、その作業を変えることはなかなかできない。

毎朝娘はこうなので朝起きることがストレスに感じてました。でも、ふと「こうあるべき」という考えにとらわれているのでは?と思えてきたんです。

「パジャマで朝食作りしてもいいんじゃない?」と。

それから毎朝顔を洗い、パジャマで家事をするようになり、娘は相変わらず泣きながら起きてくるけど、「やり直し!」なんて言わなくなりました。

また、忙しいのに泣かれて自分は困ると、信じて、泣いたり怒ったりしてる娘をよそに、無言で家事をしていたのですが、「そんなに忙しいのかな?」数分だけ抱っこしてみることにしました。そしたら、安心したのかすぐに泣き止み「(芽が出てきたアイビーに)小さいのいっぱいあるね」とご機嫌に。

(↑新芽がわかりますか^^;一度虫にやられて弱りかけたアイビーでした)

パジャマで家事をしても、数分抱っこしても、無事にお兄ちゃんも送り出し、娘を送迎バスに乗せることができました。

「本当に◯◯なのかな?」と思い直すことができたのは、実は子育てと関係ないところからなんです。 前回の記事で書いたダイエット関連。

お腹が空いてから食べよう、と決めてから毎回何か口にする時「本当にこれ食べたいかな?お腹が空いてるだろうか」と一呼吸おいてました。すると、意外と「まだお腹空いてないわ」、とか「それほど食べたい物じゃない」と思うことが多かったんです。

普通はこれ、当たり前にできるのかもしれないけど、私には出来てなかった。空腹感が嫌で何か胃に入ってる状態が普通でした。

これらのことが、子育てに繋がるなんて思ってもいませんでしたが、いつのまにかいろんな行動に「本当に◯◯なのかな?これが正しいことなのかな」と考えることが増えました。

元々自分には「こうあるべき、こうでないとダメだ」という考えがあり、それは自分を縛る物だと理解はしてましたが、行動できてなかった。本当のところにやっと、やっと気がつけた気がしました。

これからも意識したいと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村