読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夕風日記

自分の身体と心に向きあうための記録と日々のあれこれ

月一の心療内科でした。過去にとらわれること

木曜日は心療内科でした。今のところ月一の通院です。

最近はだるさも絶望感もイライラもずいぶん減りました。人と関わる時間が多くなるとまだ一週間くらいはしんどいのですが、それを出来るだけ避ければほとんど問題なし。まだ医師からは関わりは少なめに…と言われています。

ずいぶん楽になったのですが、ちょっとしたきっかけで過去の自分の発言や行動を後悔し頭の中で妄想が膨らみ過去の自分と今の自分が戦うことがあります。ぼーーっと泣いてます。そのことを医師に相談しました。

「過去のことを後悔して気持ちが落ち込む、どうすればいいですか?」と尋ねました。

「過去を思い出し自分を責める必要はありますか?あの時のあなたは、そうするしかなかった。それが正しい判断だった。

過去の経験を今から正そうとすることや明らかにすることはしなくてもいい。自分に非があったとしても、それを隠すことは悪いことではない。誰でもそうなのです。それにそれほど人は他人のことなど興味はないし覚えてない。 また過去の自分は今の自分とは違うとも言える。」

というような内容を優しく丁寧に言ってくれました。

どうすればいいのか、、ということよりも気持ちを聞いてもらえて、丁寧に答えてもらえたことが嬉しかったです。

「そうか、あれはあれでよかったのね。」と単純に思えた瞬間でした。

人に言いにくいことも今の医師なら恥ずかしがらずに言えます。家にいてほしい、なんて思っちゃいました(笑)

過去にとらわれること、きっとどなたも経験されてると思います。忘れることのできない過去の一つや二つ、ありますよね?そういうものなのですね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ
にほんブログ村