夕風日記

自分の身体と心に向きあうための記録と日々のあれこれ

たまには褒めてもらいたいな

娘が年長になって3ヶ月弱。療育へは週一ペースで通ってます。 幼稚園では小学生に上がる前の年長さんということでちょっぴり厳しい毎日みたいです。

4月、5月はよく電話がかかってきました。 担任の先生は娘の出来ない、出来なかったことだけを話します。 「数字の30からは数えられないようです。」

「色は中間色(灰色や黄緑)は知らないのですか?」

「トイレがうまく出来なかったです。」

「正しい順番に色ぬりができなかったです。」

などなど。。

「はい、、そうですか。」と私は答えるだけです。

電話の前に、しっかりとした同級生が教えてくれることがあります。

「◯◯ちゃん(娘のこと)、トイレ失敗してめちゃめちゃ怒られてたよ。年長さんにもなって!って、言われてた」

「◯◯ちゃん、いつも怒られてる。先生めっちゃ怖い」とかね。

娘が怒られてることで他のお友達が怯えてることがあるよう。 当の本人は、その場では泣いたりしてるみたいだけどあまり落ち込んで帰ってきません。先生が好きだとも言います。

でも、だめなことだけを言われると落ち込みます。。先生は悪気はなく、一人一人をよく見てくれてると思うのですが、出来なかったところに注目してしまうんでしょうね。

毎回の電話でこうなると、あ、また泣かされたのかな、悪いところ指摘されるのかなと悲しくなります。

こんなに面白いところがあった、これが出来るようになったとか言ってもらいたなぁー、と思ってしまいます。

話は少し変わりますが、たまに同じクラスの子と数人で遊びます。 年長さんとはいえ、女の子は口が達者でちょっぴり意地悪したり、大人の前ではいい子ぶったりします。そういう子、同じ女なのでよ〜くわかります。 そういうしっかりした子と娘を比較すると…比較してはいけなくとも思ってしまう。あぁ、やっぱりついて行けてないなぁって。 (そしてその子達の親について行けてない自分もいます^^;)

なんだか疲れ気味です…。愚痴みたいな日記になってしまいごめんなさい。

療育では安心してのびのび(しすぎるほど)過ごしています。優しい先生の適切な指導の元で、出来ることは自分でやり、気があう子と楽しく遊んでいます。私もリラックスして他のお母さんと悩みを話し合ったりできています。 こういう居場所があってよかったなぁーと思います。

娘のいいところは自分が一番知ってるもんね。もちろん悪いところも。一緒に頑張っていこう。

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村