夕風日記〜2人の子育てと心の記録〜

居心地の良い毎日を模索中。子育てやイラストのことなど。

子供のことをじっと待ってあげる

昨日は娘の療育でした。療育中1時間の待ち時間中は同じ療育のお母さんと一緒にコーヒーを飲みながらお話ししていました。

 

そのお母さん、年長の男の子と2歳の女の子を持つお母さんなのですが、いつもおだやかで優しくて落ち着いているなぁと思っていました。

自分の子供がその年齢の頃、本当に体力的にも精神的にもしんどい時期でした。

癇癪の激しい息子と、興味のままに行動して危なっかしい娘と一緒に行動するのってほんとうにストレス。

「自分の子供が〇〇さんと同じくらいの月齢だった頃けっこうしんどかったけど、今は大変じゃない?」と聞いてみたら

「ぜんぜん、大変じゃないよ」と驚きの?答えでした。

 

「お兄ちゃんは言いつけたことはまぁまぁ聞いてくれるし、妹は2歳のいやいや真っ最中だけど「今は仕方ないな、言うこと聞かなくて動かない時もあるけど、待つしかないなって思ってる。」

と言っていました。

「今は専業主婦で時間がたっぷりあるし、急ぐことはあまりない。自分もまぁまぁ頑固な子供だったので頑固な気持ちが少しわかる」というようなことを言ってました。

私にはまったくなかった考え、思いだったのでびっくりしましたが、とても心の広いお母さんだなぁと感動しました。

 

家に入りたくない、洋服着たくない、どうしても靴が反対じゃないと嫌、など、2歳のイヤイヤ期は忍耐が必要。。そして気持ちに寄り添ってできるだけ思いを聞いてあげることが必要だとわかりながらも、なんだか急いでしまう自分。

 

今日話したお母さんのように時間が許す限り付き添ってあげるという気持ちを忘れたらだめだなぁ(だめだったなぁ)と反省しました。

 

専業主婦だから時間がたっぷりある、、という発想も自分にはありませんでした。

時間はあったとしても自由がない、

自由がない、自分時間がない。そのことばかりクローズアップしてきました。今でもそう。だからストレスたまっちゃう。

 

私ももう少しこどもの気持ちに寄り添ってあげることを大切にしてあげたいと反省、気が付いたおしゃべりでした。そしてとても心が穏やかな気持ちになりました。

 

f:id:msatomi304:20171004121841j:plain

↑ちょうどひぃひぃ言いながら育児してた頃。写真を見ながら描きました。こんなに優しい笑顔で笑ってくれていたんだね…(涙)

 

☆☆☆

いつもありがとうざいます😊

 

 
にほんブログ村