夕風日記

子育てを中心に、日々のあれこれを綴ります。居心地の良い毎日を模索中。イラスト好きです。

8歳の息子の個人面談

今年の秋は10月になっても扇風機を回して寝ていたと思ったら毛布が必要になったりと気温差が激しいですね。今日はかなり冷え込みました。もうヒートテックを着てしまいました。

そしてなんなんでしょう、ずーーっと雨です。洗濯物が乾きません!早くすっきりした秋晴れが見たいなあ。

 

今日は息子の(2年生)個人面談の日でした。15分ということでお留守番をお願いしたかったのですが「怖い」と言って兄妹二人と一緒です。

子供を連れてきてるのはうちぐらいでした(^-^;

 

息子のことを話すのに部屋にいると話しにくいなぁと思いましたが、今日は連れて行って正解でした!

 

息子は癇癪を起しやすいです。

july.hatenadiary.com

 教育相談で発達検査をし、結果を担任の先生と教育支援の先生と3人で面談しました。

担任の先生から、一緒に息子の発達をサポートしましょう、と力強いお言葉をいただきました。

 

発達検査からわかる息子の特徴としては

 

☆突然の予定変更に気持ちがついていけずパニックを起こす。

☆予定が狂うと癇癪が起こる

☆次の行動を常に知りたがる。

 

そういうわけでよく泣くし、泣くだけではなく崩れ落ちて地べたでうなだれたりしています。実は昨日も今日もそうでした。

 

検査結果についてはあまり詳しくは書けませんが、息子の特徴をつかんで、お互いに気持ちよく過ごせるコツを教えてもらいました。

上記のような特徴を持つ息子は、「自由に選んで行動することが苦手」「予定が変わることが不安」なのだそう。

 

例えば、「次は何して遊ぶ?」「何をしたらいいのかわからない」「どうしたらいいの」「わからないー、きー!!」とういう流れになりやすいです。

予定が変わると伝えると、なかなか受け入れることができません。

 

そんな息子には学校のように決まりがある方がスムーズに問題なく過ごせるとのことです。

なので家庭でもルール(予定)をしっかり決めて定着させることが大事ということでした。

 

あれ、やってたつもりでしたが、あやふやにしてることもあったな。

例えば宿題に関してはその日の息子の様子でを見ながら「あ、今日は疲れてそう、宿題の前に遊ばせるか。」

「今日はあとで友達が来るから先に宿題させよう」という風に特に決めてませんでした。

そんな感じで宿題をやらせていました。そして毎回私と小競り合いをしていたのです

「昨日は大丈夫だったの、なんで今日はダメなの?!」というふうに。

どんなに理由を言ってもなかなかわかってくれません。(私への甘えもあるのでしょう)

 

今日は担任の先生とその話を3人でしました。

「よし!じゃあ先生と、お母さんと〇〇君の約束をしよう。これから宿題のルールを決めよう」

そうやって紙に書きながら、「帰ったらまず10分休憩、おやつを食べる、30分で宿題を終わらせるよう頑張る……」と3人で話し合って決めました。

 

息子は無理だよー、キツイなぁと嘆いてましたが、最後には「がんばる」と言ってました。

 

私と、大好きな担任の先生との3人の約束なら守れるかな?

今回決めたルールを定着させるには息子にはなかなかハードルが高そうです。時間はかかっても根気よく言い続けて、生活の一部になればいいな。

 

何を今更!と言われそうですが、息子にどうしたら怒ったり泣いたりせずに宿題ができるか迷ってばかりでした。

 

うまくやれるかな?親子でがんばります。

 

それにしても、担任の先生の対応に嬉しくて涙が出そうです。息子のために、きっと私のためにもいろんな知恵を出してくださり本当に感謝しています!

 

さて明日からどうかな〜。