夕風日記〜2人の子育てと心の記録〜

子育てを中心に、日々のあれこれを綴ります。居心地の良い毎日を模索中。イラスト好きです。

過保護かと思ったけど…

ある休みの日、洗濯を干していた夫が 「わぁ!!」 と言うので聞いてみると、娘のズボンの中に砂がたくさん入っていて汚れていたのです。

「どうしたん?砂が入っちゃったの?」と聞くと、「〇〇ちゃんが入れた」

…がーーん。そんなことする子がいるのね。

でも、二人でふざけて入れあったのかもしれないし、その時の状況はわからない。

「砂入れられている時、どうしてたの?〇〇ちゃんは笑ってたの?二人で笑ってたの?」

説明下手な娘はその時の状況を体で再現して、

「ぼーっと立っていた。入れられるのを見てた。こうして。で、〇〇ちゃんは笑っていた」

棒立ちしてる自分と、〇〇ちゃんが砂を入れるしぐさをしていました。

娘の言っていることを信じるとすれば、とても切ないことではないでしょうか。 私がそんなことされたら「やめて!!」と泣いてしまうと思う。

「砂を人のポケットに入れるのはよくないことだと思う。先生に聞いてみてもいい?」 と尋ねたら

「〇〇ちゃんが怒られるからかわいそうだから言わないで」と言います。

気が弱く優しい子だな。。我が子ながら思いました。

でも翌日学校へ行く用意をしている時、「あの授業はいやだ。だって砂入れられるかもしれない」とぐずりました。

やっぱり嫌だったのね。そりゃそうだよね。

「じゃ先生に、怒らないでって書くから一度どんな様子だったか聞いてみるね」と言ったら「連絡帳に書いて」

、というわけで書きました。

毎度毎度、何か娘に起こる問題に連絡帳に書き、これって過保護なんじゃ、、と思いました。 心配しすぎ?

でもいつも先生から「いつでもなんでも小さなことでも良いから教えてください」 その言葉に、また長い文章でお伝えしました。

帰宅した娘の連絡帳を見る。 先生も長い文章で答えてくださいました。

結果的には、〇〇ちゃんは砂を入れたことをすぐに認め、謝ったそうです。 娘には「嫌なことは伝えようね」と言ったそうです。なかなか言えない子だから、少しずつでいいから言えるように。。

相手の子は少し怒られたようです。(娘談)

娘はもちろん可哀そうだったのですが、そのお友達のことも心配になります。 ふざけてするには度が過ぎてるし、人に嫌なことをして笑っているということはどこか心に悲しい気持ちがあるんではないかとも、思うのです。

とりあえず次の日から普通に通えるようになりましたが、夏休み明けからなーんとなく行くのが億劫な感じ。

様子を見ようと思います。

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

よろしくお願いします♪