夕風日記〜2人の子育てと心の記録〜

居心地の良い毎日を模索中。子育てやイラストのことなど。

もし子供が暴力をふるうようになったら

今日は子育てのことです。

f:id:msatomi304:20181220172239j:plain

息子は小さいころから癇癪持ちで2年生の途中まで所かまわず寝転がってギャン泣きでした。

 

それが始まると私はドキドキします。まるで外で小さな赤ちゃんをどんなにあやしても泣き止まなくて周りの人からにらまれているんじゃないかと思うように…。

大きな体をしている息子がじたばた大きな声で泣き叫ぶと、もう周りは笑っています。

私は冷や汗をかいてなだめたり、なだめるうちにイライラしてきてほっぺをバシンと叩いて、息子は落ち着きます。

よくないだろうけど、そうすると我に返るんです。。

 

そんな日々を送っていましたが成長と、心理療法士の方、とても協力的な先生のおかげで癇癪はなくなりました。

 

でも今でもすぐに泣きます。

「なんでだよぉ~~」と泣き崩れます。それを同級生にまねされてからかわれます。

そんなちょっぴり弱虫な息子ですが正義感は人一倍強く、誰かが悲しい思いをさせられていたら

「なにしてるんだ!」と止めに入ります。

すると「うるせえ!」と言って殴られることもあります。

 

けがをしている子がいたら「ばんそうこう買ってくる!」と言います。

そういう良い一面は褒めてやりたいと思います。

 

正義感が強いのはいいことですが、別の角度から見ると、柔軟性に欠けるところが目立ちます。

 

「こう思ったらこう」という強い気持ちがあるため、別のことや間違ったことをしている子がいると強い口調で

「違うだろ!何やってるんだ!」

しつこく言います。

「ほっときゃいいのに、、」と思う。できないのが息子です。

 

公園で遊んでいる時ちょっかいをかけてくる下級生がいて

「やめろ!」と言ったら胸をグーパンチされて、その時に怒った顔を見てぎょっとしました。

怒りの炎が出てるようで、その子に向かっていったのであわてて止めに入りました。

 

腹が立つのは分かるけど、体の大きい息子が下級生に何か暴力をふるったら当たり所がわるければ大けがになります。

 

結局息子は泣いて私と一緒に帰りました。

後から聞いたらその子はいつもちょっかいをかけてくるらしく、よくケンカしているそうです。

 

帰ってから

「下級生だし、ちょっかいかけてきても無視して適当にしとき、あんたがもし暴力ふるったら大変なことになる。もし大けがさせたらあんたもショックを受けるよ」

と言ったら、

「我慢したいけど我慢できない、体が勝手に動く」。

 

なんだか急に心配になりました。もし行動を制御できないようだったらと。

学校の様子も知りたかったので支援コーディネーターの先生と面談しました。

 

息子の距離感の取り方がうまくないこと、攻撃性がもしかしたらあるかもしれないこと。など、、。

詳細は省きますが、3,4年生は一番友達関係が難しくなるらしく、友達との距離感を作り学ぶ時期だそうです。

 

「クラスを見学したところ私が心配するほどのことは一つもなかった」

とのことでした。

 

でも心配なことは担任と連携をとって見守ってくださるそうです。

 

****

 

そのコーディネーターの先生に「HSCって知ってますか?おそらく息子はそれに当たります」と言ってみました。

 

先生は「知ってますよ。私もHSPです(笑)HSCの子はたくさんいます。きりがないほどいると思います」

HSCだからと意識はあまりせず、一人一人が様々な個性を持っていると思って接していると聞いて、同じ意見だと思いました。

 

「個性を大事にしよう」

亡くなった恩師から教わった大事な言葉です。

 

息子は夜泣きもすごかったし癇癪もすごかったけど、それもひとつの個性。

人や自分を傷つけることだけは許さないです。まだまだ見守りが必要だなと思いました。

 

今日はケンカのイラスト。怒って後ろに立ってるのが息子です(-。-;