holiday(仮)

居心地の良い毎日を模索中。絵のこと生活のこといろいろ。いつでもお休み気分を忘れずに。

サンタさんを信じること

今日はクリスマスですね。

 

我が家は週末に楽しもうと思います。

 

今年はケーキではなく夫の希望でサーティーワンのアソートアイスになりました。寒いのになんでやねん、と少し思いましたが、保存もできるしいろんな味を試せるしまぁいいかと。それに毎年ケーキを予約してるのですが、どうもスポンジが甘過ぎたり固かったりするのですごく美味しいとは思えなかったんですよね。

 

でもやっぱり、道行く人はケーキの箱を大事そうに持っていて「あぁ、ケーキ食べたいな」と思って画像検索して妄想しながら過ごした昨日のクリスマスイブ…。

 

夫からの帰宅ラインにすかさず、「やはりケーキが食べたい。今日」と無茶振りをしました。

そしたら途中駅で小さなロールケーキを何個か買ってきてくれたのでみんなで夜遅い時間に食べました( ´ u ` )

高級なケーキではないけど美味しかったなぁ。

 

ところで、うちの子は上は5年生。

11月ごろから、

「サンタさんはお母さんなんやろ?友達が言ってた」と何度も言うので

 

そろそろ本当のことを言うべきかけっこう悩みました。

 

ある休日の娘がいない時に、息子が夫に尋ねました。「ねぇ、サンタさんお母さんたちなんやろ?」夫が「そうやで。サンタクロースは本当に存在するけど、プレゼントはお父さんたちが用意してた」とぶっちゃけました。

 

息子は驚いた顔で、

「嘘やろ!嘘なんか!ほんまにサンタさんいないの?」

と泣き崩れるではないですか。

 

夫はしまった、という感じで俯いてました。

 

わたしは、どう言おうものかと悩みながら「保育園に来たサンタさんいたでしょ?あのサンタさんはフィンランドから来てくれた本物のサンタさん。サンタさんは本当にいるんよ。

でもサンタさん、忙しいからお母さんたちも手伝ってたの」と言って抱きしめました。

 

しばらく泣いていましたが落ち着いた頃には

「じゃあ今度のクリスマスプレゼントは〇〇と△△を買って」と高いものを要求してきました(゚o゚;;

 

次の日に学校へ行ってサンタさんの話題になったそうです。帰宅後、「なんや、みんな知ってたわ。プレゼントは親がくれてるって。」と笑ってました。

 

3年生の娘はまだ信じているので、プレゼントは今日届く設定でリビングに置きました。 

 

2人ともとても喜んで、朝からハイテンション。

 

実は娘が欲しかったものは大幅に配送が遅れてしまい、昨日慌てて別のものを買いに行ったんです。

それでも喜んでくれました。

 

ボソッと「お母さん、これ全部イオンに売ってるで。サンタさんイオンで買ったんちゃう?」と言ってました(笑)

 

f:id:msatomi304:20201225142854j:image

 

明日は楽しいパーティーにしようと思います^^