夕風日記〜2人の子育てと心の記録〜

居心地の良い毎日を模索中。子育てやイラストのことなど。

少年野球の楽しみと負担

週末から真冬のような寒さですね。 体調に変化はありませんか? 私は寒さで体に力を入れてるせいか、いつもより肩こりが酷いですが元気です。

****

最近の子供達の習い事といえばスポーツなら男子はサッカーが人気です!

野球は少ない方かな。

息子は体験期間を設けてやっとこさ少年野球チームに入部しました。

サッカーよりも野球に興味があり、プロ野球アメリカンリーグの試合結果を必ずチェックしたり、どの選手が何に強いかなど詳しいです。

私はさっぱり?(汗)ルールもあやふやです。

少年野球は親の負担が多いとよく言われていますが今のチームは比較的少なく済んでいます。 そして丸一日は取られません。午前か午後だけ。

練習試合も普段の練習も行ける時だけ行ってます。公式戦は見たいのとやはりそれなりの係を持っている方もいるので応援に行ってます。

ある時「お母さんの負担をなくそう!」と革命が起こり今の状態になったわけで、古くはお茶出しや相手チームのおもてなし、お菓子の用意やイベントの手伝い、いろいろ仕事があったそうです。

今や共働きも多く毎週末野球の仕事があるのは大変!

革命を起こした時はきっと新しい考えを受けいられず対立したこともあったかもしれない…。

そこを知らずに入ったもんだから、古株の人にどう思われているかわからない。

わからないけど、特にマニュアルもないし今のところは身を任せているだけの状態ですm(._.)m

改めて写真を見るとものすごく身長が伸びている。息子を動物にしたらこんな感じかな?^^

泣いたこともあったけど続いてる。 続けることが大切かなーと思います。下手っぴでもね。 もう嫌だ、限界となれば潔くやめても良いと思います。習い事は楽しくできないと辛いから。

少年野球の楽しいことと言ったら「可愛らしいこと!」小さな子が声を出してみんなを応援している姿は微笑ましく可愛らしいものです。

それはどんなスポーツでも一緒かな〜と思います。

来年からは上級者との練習です。緊張感などあるでしょう。私ですらなんだかドキドキです。

できるところまで頑張ろう^^


にほんブログ村

スノースマイル

急に冷え込んで来ました。

あの春の様な暖かさは異常でしたが、今度は真冬の寒さです。 体調はいかがでしょうか。

さて昨日は朝早くから家を出て用事を済ませ、昼過ぎには戻りました。 水曜は子供達が早く帰るのです。なのに電車を間違えて急行に乗ってしまい最寄駅を超えたところで「あ!!」

本当に乗り換えが苦手です…。

イメージを膨らませつつまずは楽しいお絵かき♪とても個性的なクレープ屋さん。

動物から人を連想する。

何度もやったアニマルカリカチュアの経験があるからだと思う。 (フレミーさん、アニマルカリカチュアの作品は実家の大きなタンス二つ分の裏に積み上げてるそうです(-。-;出てきたら載せます!でもタンスを動かす力があるかしら(笑))

****

タイトルのスノースマイル

知ってる方は多いかも?BUMP OF CHICKENの曲です。

冬になると聴きたくなり、聴くと切なくなるような甘酸っぱいような思いが込み上げます。

ちょうどその頃夫に出会いました。 出会う前に好きだった人からもらったアルバムの中にこの曲が入っていました。

そのアルバムは家にないのできっと捨てたんだと思います。

嫌いでサヨナラしたわけではない人のことは忘れられません。 (わたしだけ??)

そしてすぐに夫に出会い結婚しました。付き合い始めた頃の温かいドキドキするような感覚。 今は残念ながらドキドキはありません(笑) 居なくてはならない大切な人には変わりませんが。

冬になると聴きたくなる曲ってありませんか。 槇原敬之さんもそう。 「北風〜君に届きますように〜」 「冬がはじまるよ」 若い人は知らないかな?

音楽は、その時に聞いた時の気持ちが時空を超えて今に溢れ出します。

さー、もうすぐ発売の源さんのアルバムを楽しみにお仕事頑張るぞ^^

隙間時間にはコレ

女性の味方のツボ「三陰交」。

お灸は毎日しています^^


にほんブログ村

さまざまな繋がりにありがとうと言いたい

昨日の記事にたくさんのスターやブクマをありがとうございました。

みなさんの温かい言葉を読んでいると心からほっとします。感謝しています。

 

 

 今日は朝早くから心療内科でした。

最近は月1で通っています。時間は10分。

最近調子はいいけど1か月に4回ほど頓服を飲むことを伝える。

今飲んでいる薬はエビリファイ

安定剤のロフラゼプ酸エチル錠、頓服にリーゼ。リーゼはお守りがわりです。

 

「今調子が良くなっている、この調子のままお薬は続けて、安定剤は少しずつ減らしていきましょう」とのことでした。

 

そのあとスーパーに行き、荷物をもって坂道をぜいぜい歩き着いた頃にはヘロヘロになってました。

何度も通っているとはいえ病院って疲れる。。

 

****

 

今日はとても嬉しいことがあったんです。

前に記事にした↓お友達のドール作家さんのさえぼさん。

july.hatenadiary.com

 私はこのドールたちから毎日パワーをもらっているように思います。

f:id:msatomi304:20181204213049j:image

イラストと一緒に飾ってみました。

 

先日のイベントでの似顔絵屋さんをした時も自分のドールをお守りのように持っていきました。私の分身です!

そのドールが可愛いから(実物はおばはんやけどドールは可愛いのです!)子どものモデルさんは触って遊んでいました。「腕が回るー、脚も動かせるー!」と興奮してました。

 

こんなに素敵なドールを買わせていただいて嬉しくて私も何か描きたい!!!!

という衝動にかられ、さえぼさんの息子さんが楽しく芝滑りしている写真を見て

「これだ!!」と頭の中で絵が浮かんで描きました。

f:id:msatomi304:20181204213319j:image

息子さんが可愛らしいわんちゃんに見えたので(動物にすぐ連想してしまうのです)

楽しく芝滑りをするワンちゃんを描きました。

 

プレゼントとして送ったイラストに、さえぼさんが何か「ひらめいた」というやり取りをして数日…

 

なーーんとこんな素敵なコラボをしてくれたのです!!

f:id:msatomi304:20181204213358j:image

*写真はさえぼさんより*

ワンちゃん可愛いですよね♡

人のお人形だけでなく動物までこんなに愛らしく作ることができるなんて素晴らしい〜!

写真で見るだけても温かい気持ちになります。

 

みんなに愛されるドール作家さんだというのがわかりますよね(^-^)

 

作家さんを抜いたとしても、とても明るく優しくみんなを笑顔にするさえぼさん。

出会えたことがとても嬉しい。

 

ドール→イラスト→ドール…制作は違うけど、気持ちは繋がっているような気がする。

 

最近は「描きたい」気持ちがちゃんとあって、気負わずに描けるようになってきたなぁーーとしみじみ思います。描けない時間は長かったけど、

病気になり自分の考え方の偏り方を変えてみたり、もがく時間や息苦しさは辛かったけど、それは必要な時間だったと今では思う。

(まだ治ったわけじゃないけど…)

 

 

明日はイラストのご依頼を受けた方へ取材を兼ねてお話に伺います。

こちらもご縁とご縁が繋がってできたこと。

 

今ある自分はこのブログなしではなかったと思います。自分を見つめ直し言葉として残しておく。。(愚痴もあってごめんなさい)

 

いつもありがとうの気持ちでいっぱいです!

 


にほんブログ村

いじめは隠さないで

人は大人になるまでにいろんな人と関わり、心が成長するものだと思います。

大人になっても、様々な人と出会い、いろんな気持ちを経験します。

 

小学校に入り高学年になればなるほど、集団行動の中での自分の立場を意識したり、周りと合わせたり、またはマイペースで一人で行動したり、いろいろな子供がいるはずです。いろんな子供がいていい。

 

いろんな人と関われば関わるほど問題も出てくる。

関わらなくても、相手が無理やり関わろうとして、何かと問題点を見つけていじめになることもある。

「あの子と今日は話したらだめだよ」

「あの子〇〇が変だよね、気持ち悪いよね。」

「あの子はあなたの悪口を言ってたよ。無視しよう」

いじめのない学校ってあるのでしょうか。

いじめを隠す先生は当たり前のようにいるのでしょうか。

 

「今日のことはまだ真実かわからないからお母さんたちにはまだ言わないでね」

 

信じられない言葉を言う教師もいます。

または上からそういう指導をされて心が苦しい教師もいるかもしれません。

 

いじめは悲しいものです。問題が大きくなってほしくなくて親にも子供にも内緒にさせておきたい気持ちはわかります。

でもそれでいいのでしょうか。

 

特に小学生以上になると問題は深刻です。

見守ることは大切ですが、子供がSOSを少しでも見せた時はやはり大人の対応が必要だと経験上思います。

 

私が小学生だった頃のいじめは約3年続きました。

2学年担当した先生は徹底的に隠そうとしました。

逆に叱られました。

「心配させるんじゃないよ」と。

 

次の担任になった先生はいじめを公開し、学年問題として取り上げ、やっといじめはなくなり学校が楽しくなりました。はじめは恥ずかしい気持ちもあったけど、みんなにわかってもらえて私は救われました。

****

悪ふざけだとしても相手が悲しい涙を見せた時はいじめです。

泣いて帰ってきた娘を見て、内容を聞いて、、

 

中学生の時、朝学校へ行くと私の机が前に出されていて黒板けしで叩かれて真っ白になっていました。

机には「死ね」と書かれた手紙が入っていました。

 

あの時感じた恐怖と不安がいっぺんに思いだされ涙が出ました。

 

問題は解決しましたが、モヤモヤした気持ちは残ります。

いじめられる子にも原因がある。それはうそです。ありえません。

 

みんなが自分を、仲間を大切にしてほしい。誰もが思う気持ちです。

f:id:msatomi304:20181203162717j:plain

 いろんな子がいてみんなで協力して楽しいクラスにする。

いかにも~な…きれいな言葉ですが、そうであってほしい。

 


にほんブログ村

何度も読んだ絵本

昨日は私のつぶやきに対してコメントくださりありがとうございました。

男女の友情アリ!の意見が多かったように思います。「友情」であり続ける必要はもちろんありますね(笑)

****

先程はてなブログ、現実でもお世話になってる石畳のんさんとやりとりをしており、「ぐりとぐら」の話になったので、少し絵本の事を書きたいと思います。

私が子供の頃から何度も何度も覚えるくらい読んだのがこちらの絵本です。

「めっきらもっきらどおんどおん」

男の子が不思議な夜の山に辿り着き、おかしな3人組と遊ぶという物語。

「ちんぷくまんぷく…」と呪文のような言葉を言うのですが今でも暗記しています^^

ふりやななさんという方が不思議で迫力のある世界をダイナミックに描いた絵本で、幼い頃からドキドキしながら読んでいました。

あとこちらも今も大人気の絵本ですね。

「ぐるんぱのようちえん」

読んだ方は多いのではないでしょうか。

働かずにダラダラしてメソメソ泣いている象が、さまざまな職場で働くが上手くいかず、最後は各職場で作ったお皿やビスケット、車やピアノなどを使って幼稚園を開くというお話。

『びすけっと、まだ たくさん のこっていますね。』という最後の言葉が好きでした。

こんな幼稚園行きたいなぁと思った記憶があります。

「つきのぼうや」 これは父が買ってくれたもので、外国の絵本です。 イブ・スパング・オルセンという作家で、もう何年も前から実家にあるものを結婚後も持ってきた大切な絵本です。

大学生の頃すごく影響を受け、オルセンの作品をたくさん買いました。

お月様が友達を欲しがってるので、つきのぼうやにお願いして、空から街に降りながらお友達を探していくというお話です。 この絵本も今でも本屋さんでよく見ます。

ここからは大人になってから好きになった本。

ジョン・バーニンガムの「ガンピーさんのふなあそび」

色使い、ペン使い、ほのぼのとした中に出てくるユーモラスな動物たち。ぜんぶ好きです(´▽`)

こちらは子供が欲しがって買いました。 ぐりとぐらのシリーズです。ほかにも家にあります。 自分が描く絵は、山脇百合子さんの影響を受けてますね〜。(恐れ多い事を書いてしまいましたが💦) 子供も好きですが、わたしも好きなので自分用にもポストカードを買ったりしています。 動物の洋服や部屋のインテリアなど、個性的で凝っていて大好きです。

他にも

絵本ではないけど風刺画のような作品もおもしろい。 「ミヒャエル・ゾーヴァの世界」 画集です。

一枚の絵から不思議な物語が始まります。ぷっと笑えたり泣けたりする作品たちです。 伊勢丹の美術館で買ってるなぁ。2005年!

長くなったのでこの辺で。 子供の頃から持っているお気に入りの絵本はありますか^^

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

頼りにしている人はいますか

先日人の似顔絵ばかり描いていたので、ものすごく動物イラストが描きたくなった!

 

f:id:msatomi304:20181128212241j:plain

msatomi


もっと小さく貼り付けたいのに、あれれ、前は調整できたのに、出来なくなってる…。

モデルポーズの猫。赤いコート、娘のために母が買ったのに「赤は嫌だ」と言って着なかったな…。せっかくなのでイラストで着せてあげよう。

 

****

頼りにしている人っていますか。

そりゃーいると思います。

友達、家族、兄弟、姉妹、ママ友、ご近所さん、先生、彼氏彼女、、たーーくさんいると思います。はてなのお仲間にもたくさん励ましてもらっています。

 

昔から心配症で不安がちな私には応援してくれる友達がたくさんいました。

今でもいます。家族以外にも。

それは男女問わず、います。

 

お店の人とお客さんという関係だとしても

「応援してますよ、心配してますよ」と言ってくれる人もいます。

どれだけ不安な顔をしているんだろう

 

私も誰かに頼られているんだろうか。家族以外に。。

 

息子が熱を出し動けなくて娘のベビーカーが必要だった。

夫不在の中娘を一緒に病院に連れて行くのが困難だった時、友達が言ってくれました。

「一人であの病院まで行くのは大変でしょう。その時は妹さんを預かるから言ってね。

頼ってもらえると嬉しいもんだよ」

私の性格を分かったうえで、そんな優しい言葉をかけてくれたのだと思います。

朝早くから娘をお願いし、抱っこは無理な体重になった息子をむりやりベビーカーに乗せて病院に行きました。

 

とても助かりました。

それからは本当に困ったときはお願いすることが増えたし、自分も「預かるよ~」と気軽に声をかけることができました。

子育てを通して頼り頼られる関係ができました。

 

それとは別に、

10代の時に出会った男性で、今でも連絡しあう人がいます。

「結婚したよ」「子供が生まれたよ」「今はここに暮らしているよ」

幼馴染とはちょっと違うけど、なんでも話せる間柄。なんでも知ってる間柄。

 

うつ病でしんどいんだ。

 

そんな時も優しく励ましてくれた。

つらい時、誰にも話せない気持ちを吐き出すことができた。楽しい気持ちにもなれた。

 

 

気持ちが楽になる時もあれば、

「女友達ではないのに、メールのやり取りはありなんだろうか」

悩むこともありました。真面目すぎでしょうか。結婚しているからそう思うのは当然なのかと。。結婚前は普通に連絡できていたのに。

 

頼れる男友達ってありなんでしょうかね。

 

****


 


にほんブログ村

 

 

初イベント「似顔絵コーナー」の感想

週末は待ちに待ったイベントが開催されました。

8時前にイベント会場に着いた頃にはほぼテントが経ち並び私は机設置と椅子の用意。

 

看板やお手製ガーランドを取り付けたり、テーブルに布を敷いたり。椅子にはひざ掛けを用意しました。描いてる間お客さんも寒いだろうと思って。

絵の具を多めに出したり、筆洗に水を入れたり、寒さと緊張で若干手が震えてました(笑)

f:id:msatomi304:20181126154746j:image

 

9時にキックオフ。

注意事項やお客さんに対応するときの注意など説明を受ける。

 

10時に開場!

近くの園児たちによるダンスが行われていたよ。

 

そのころ私はすでに描いてました(^^ゞ

もうすぐ80歳になるおばあさんが「いいかしら?」と来られたので準備も整っていたし描き始めました。

おばあさんは、ご主人が亡くなられたこと、その時の遺影の写真がなくて困ったこと、だからこのイラストを自分の遺影にする、私のことを東北出身だと予想したり(色が白いかららしい)

そんなふうに話しているうちに緊張が和らぎ(頓服も飲んでたけどね)、手が動くようになりました。

 

仕上がっておばあさんに渡したとき、おばあさんはありがとうと涙ぐんでいました。

「そんなに喜んでくれるなんて!」

おばあさんのおかげで自信を持つことができました。

おばあさん、ありがとうございます!

 

その後次々とお客さんが来られて、休む暇なくずっと描き続けました。

時には家族4人描いてくださいと頼まれたり、兄妹で描いて、そういう注文が多かったです。

予想通り可愛い子供たちがほとんどでした。

絵が好き、という小学生がお小遣いを使って注文してくれた時は嬉しかったな。

 

13時前でトイレに行きたくて仕方なく、ちょうど知り合いのお子さんの番になったので

「ト、トイレ行かせて!!!」猛ダッシュ(笑)

 

ふぅ。少し体を動かせた時おなかがぐうーとなりましたが食べる暇がないぞ。

こりゃ本当に修行だよ!!

でもね、可愛らしいお客さんを前にすると空腹も忘れて描くことだけに没頭できるんです。

 

お客さんと会話しながら筆を動かす。その小さな空間の中にエネルギーが満ち溢れているというか。お客さんが放つオーラを感じて、エネルギーをもらっているような感じ。

対面式の似顔絵とはこういうものであった!と思い出しました。

f:id:msatomi304:20181126155129j:image

 

朝9時半くらいから15時過ぎまで描くことができました。そして何より喜んで受け取ってもらえたのが嬉しかったです。

「似てないじゃないか!描きなおしてくれよ!」と言われないか心配してました。

 

 充実した時間を過ごせたのは間違いないですが、休む間もないというのは良くなかった。

たくさんお客さんを待たせたのもだめだった。

夫が「並んでるからやめよう」と言ってる人もいたよ、と教えてくれました。

 

ワンコインで描くにはもう少し紙の大きさを小さくするとか、人数が2人以上だと値段を変えなきゃな、とか。

私は服の柄や細かいところまで描きたくなるのでどうしても20分はかかります。

いろいろと今後の課題になりました。少しでも早く手が動くように研究と練習をしようと思いました!

 

「あれ食べよう、あれ買おう」と思っていた前日。。

最後は仲間と「すごい賑わいだったね」「絵を描いてくれる?」「食べに行かせてください」などと、きゃいきゃい盛り上がっていました。

 

設営してくださった方々には感謝の気持ちでいっぱいです!

 

で、家に帰ったら急に空腹感に襲われ夫が買ってくれていたジャムスコーンをむさぼり食べて、友達が差し入れしてくれた紅茶を一気飲みしました(*_*)

 

精神的なダメージに追いやられたり、片頭痛になったりしなくて本当に良かった。。

体調が整っていないと何もできないですからね。。

 

ブログで応援してくださった皆様本当にありがとうございました!

 


にほんブログ村