読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夕風日記

自分の身体と心に向きあうための記録と日々のあれこれ

サンドイッチと誕生日

昨日からやっと娘の午後保育が始まりました。1ヶ月、長かったです。 早速おでかけしました。と言っても壊れて修理中だったオーディオの受け取りですが。

帰りにちょっと高めのパン屋さんでサンドイッチを買いました。

座椅子に座って一人で昼食。あぁ、幸せ〜、楽だぁ、としみじみ感じながらいただきました^ ^

2時過ぎにはお迎えの用意をするのですが、すごくゆっくり休めた気がしました。

今日は自分の誕生日。誕生日のたびに、ちゃんと生きてこれてよかったと感じます。大げさですが、そう思います。 育ててくれた両親に感謝です。

誕生日の今日は、朝から実家に行ってパソコンのインターネットの接続に手惑いながら設定し、終わったら2時間半ほど時間が経っていました( ´△`)くたくたでお腹もペコペコだったのでみんなでパスタを食べに行きました。

あとはいつも通りの1日。買い物して夕飯の支度して何度か子供を叱り^^;お風呂に入って絵本を読んで、今リラックスタイム。

今日はなかなか感情の起伏が大きい1日でした。喜怒哀楽がそれぞれ100%^^;

ふ〜〜

この前の日曜日↓

こんな春の空、今だけの気持ちの良い空の下で遊ぶのは気持ちがいいな〜。

ほっと一息

今日まで娘の幼稚園は午前保育でした。やっと来週から午後2時までの保育です。 春休みもあったし、長かった…。三食自分のペースで食べられないのは、なかなかの苦痛だと感じてしまいます。

娘(5歳)は自分でいまだに食べれなく、口まで運んであげなきゃいけない。 すぐに飽きて床にゴロンと転がったりオモチャを取りに行ったり…。その都度注意しなきゃいけない。

それでも3時間は自分の時間を確保できます。赤ちゃんがいるお母さんたちおつかれさま、がんばってますね、偉いなぁとベビーカーや抱っこ紐で買い物している姿に思います。 ニコニコでお子さんと遊んでる姿を見ると温かい気持ちになります。同時に自分はそんなに笑ってあげてたかなぁと胸が締め付けられるような気持ちにもなります。

可愛い子供と一緒に24時間一緒にいれて幸せ、なんて思ったことは残念ながらありません。生まれる前は笑顔いっぱいに子供と遊ぶ自分を思い描いていましたが現実はなかなか思うようにいかないことばかり。

ゆっくりご飯を食べて、トイレにも好きな時に行って、買い物では周囲の迷惑にならないように注意して…夜は3時間おきに授乳して。赤ちゃんを持つお母さんはやることがたくさんありますよね。

辛いと思う自分は悪いお母さんだ、と悩んでいました。 でも今はそうは思いません。我が子を大切に思っている。ただ疲れる時もあるんだ、お母さん休憩したい時だってあるんだと思ってもいいんだと。なぜそう思えなかったのだろう。理想のお母さんとかけ離れていた自分に引け目を感じていたからなんとか頑張って優等生なお母さんを頑張ろうとしてたのかもしれない。でもいいんですよ、お母さんだって休憩して!

今日は朝買い物前に寄ったセブンイレブンの珈琲を買ってほっと一息。

外で1人いただきました。セブンイレブンの珈琲が好きです。苦味や酸味のバランスが自分好みです。

気持ちをリセットし、またいつもの毎日が始まります。 こういう毎日が幸せなんだろうな〜と思いながら。

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

引っ越して1年、人付き合いについて

去年の桜↓

 f:id:msatomi304:20170416213840j:image

今年の桜↓(散り始めてます。同じ場所)

 f:id:msatomi304:20170416213900j:image

引っ越してきて1年が経ちました。

息子の入学、娘の転園先の進級式、引っ越しの片づけなど張り詰めた毎日だったと思います。

 

今は、子供たちはこの街にすっかり慣れて、元気に学校や幼稚園に通っています。

私も一年前とは違って体調も心もよくなりました。もう服薬しなくてもいいのでは!と思うほど。でも医師の話ではまだ数か月は必要だそうです。勝手にやめてぶり返したりしないようにしなくては。

 

人間関係について

引っ越してきたころは人とのかかわりは極力避けて一人でのんびりする時間が必要でした。

だから友達はいらない、と思っていました。関わりが増えるとそれだけ悩むことも増えると思っていたから。

過去に人間関係で心が擦り切れてしまうことがあったからです。それは自分のとらえ方にも問題があったのですが…。

 

一線を引く、ということができない自分がいました。他人は他人、と思えなくて人と比べてひどく落ち込んだり、いやなことを言われたらずっと引きずっていました。今の自分の発言で人を不快にさせたかも?自慢に聞こえたかも?どうしよう、と気にしてしまい、ネットでよく似た事例を検索するほどでした。また人の悩みは自分の悩みのようにひどく落ち込むことも。

 

ある時、人のことを気にせず我が道を行くタイプの友人に聞いたことがあります。4つ年上でした。

「いやなことを言われて腹が立ったり悲しむことはある?」って。

直接的な質問だったと今では恥ずかしくなりますが(^^ゞ

 

すると「もうこのくらいの年齢になると、たとえそういう人がいても『へ~、そういうこと言う人がいるんだな~』と思うだけよ」と言いました。

なるほど、そうやって受け流すことができるのかぁ、と思ったことがあります。

 

この一年でそんな友人に少し近づけた気がしています。年齢も彼女に近づいてるのもあるけど、鬱を乗り越え(かけ)てきたから、だとも思います。

自分は自分、他人は他人。だと。

そう思えるようになってきた頃、ポツリポツリと新しい友人がこの街でもできるようになりました。

子供関係の友人ができるとは思ってもみなかったのです。いつのまにか居心地のいい数人の友人ができました。

 

友人ではないけど、通っている整体の先生、化粧品屋の店員さん、お気に入りのパン屋のご夫婦、名前も知らないけどよくすれ違うご婦人、スーパーでテキパキと働くパートのおばちゃん。

その人たちに会うのが当たり前で、元気をもらったり、ほっとしたりする。

 

一年住んでみて自然となじんだ人間関係。

自分は人が好きなんだと思いました。人が好きだけど、きちんと一線を引く。自分が今大切なことを一番に。

大切なことって、家族が元気で楽しくいること(自分も)。

 

人間関係で悩むことは今後も出てくると思います。でも「そんなに落ち込むこともないよ、それより大切なことがあるんじゃないの?」といつかの自分に言いたい。

 

自分のことを大切に思ってくれる、信頼してくれている人は必ずいることを忘れないようにしたい。

 

桜を見て思ったことでした。

 

 

5歳娘の療育がスタートしました!

4月から娘が療育に通うことになりました。初めてなのでドキドキ。←私が

娘は優しい先生方に安心し、すっかり甘えている様子。最初にシール貼りのお勉強をした後、たくさんのポリ袋を使ってみんなでダイナミックに遊んでいました。

ここでの目標は、きちんと座って苦手なお勉強(のようなもの)をする。グループでの活動を通して達成感を得る。

子どもが遊んでいる間初めて顔をあわせる親たちは軽く自己紹介をしました。我が子のいいところや気になるところを話すのですが、みなさん自分とよく似た悩みでびっくり!自分以外になかなか同じような悩みの方と会うことがなかったので正直嬉しかった、というかホッとしました。

まだ娘が1才から2才の頃。とても大変でした。どんどんと一人で進んでいき、じっと出来なくて、泣いて泣いて大騒ぎ。周りの人からもよく助けてもらっていました。ポツポツとお話できるようになったのは3歳くらいかなぁ。今もまだ聞き取りにくいけど、ずいぶんと上達しました。 それでも、人との距離感が取れず恥ずかしい、申し訳ない気持ちになることはよくあります。

「あの子が自分の子だったら楽だったろうなぁ」と心の中でひどいことを思ったこともありました。

どんな子育ても大変なことや悩みはあると思いますが、親がどう受け取るかで気持ちは変わってきます。当時私はネガティヴな考え方にとらわらていました。周りの人からどう思われるかを考え、娘のことを考えることができなかった。

今は娘と一緒に成長しようと前向きに思えたので療育に通うこともできたのだと思います。 まだ人と同じ空間にいることでとても緊張するので気合いが必要ですが(^_^;)週に一度の一時間は、娘と自分の大切な時間にしたいです^ ^

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

7歳の「やくそく」事情

春休みも残りわずかになりました。やっと暖かくなり、公園で遊ぶことができて嬉しいです。桜もちらほら咲きはじめ、青い空と薄ピンクのさくらがとてもきれい。

f:id:msatomi304:20170404213448j:image

 

そんな穏やかな時間もありますが、今日は7歳の息子のことで疲れたことがあったのでここに書いて気分を落ち着かせようと思います。

 

「やくそく」はいろいろあります。

先生との約束、友達との約束、親との約束。。

その約束、ここのところ守られていません。特に親との約束(今は父親は単身赴任なので母との約束)はどうなってるの?というくらい忘れます。

友達の場合は「遊ぶ約束をした」だけで、どこで?何時に?が抜けていることがあります。知ってるお母さんならlineでやりとりして遊ばせることができますが、よく知らないお母さんだと難しい。2年生くらいになると親はノータッチなのかなぁ。勝手に約束して家に来るのかな? 

 

親との約束、これが、今日のお疲れポイントです(笑)

今日だけに限らずですが。夕方5時半に帰る、という約束をすっぽかして6時まで帰りませんでした。途中心配になって迎えに行ったのに遊び場所にはいなかった。

息子は違うルートで帰っていたのです。

怒ることもできずにがっくりしました。

というのも、その前々から様々な約束事を「そんな約束をしてない」と言い放つことが増えたからです。

「今日、本を買ったから4月は買わないからね」「うん」←4月1日になり…「本買って。」と言う。「買わないと言ったよね、その時「うん」と言ったよ。」

このやり取りを30分以上続け、あとの30分は動きませんでした。1時間もごねたのです!なんという頑固者。こんなことがあったのに、また今日言い出す…!

 

私も勉強になりました。約束した内容はすべてカレンダーに書き込む。忘れたとしてもカレンダーを見たら思い出してくれるかもしれない。忘れたとは言わせない。

あといつも同じルートで帰宅すること。今いろんな怖い事件があるので野放しにできないのがかわいそうなのですが。(自分が7歳くらいの頃は道草しまくってたなぁ。)

 

今日の出来事を3年生のお子さんがいる方に話したら「3年生でも約束なんて適当でだめだよ~」と言われました。きっちり守ることはなかなか難しいようです。特に時間というのはイメージしにくいらしく待ち合わせもうまくいかないだって。

気長に説明していくしかなさそうだな。

と、この時遅刻魔の兄のことを思い出しました(^^ゞ

それにしても、帰宅時間、門限って私の幼いころは厳しかったです。少しでも遅れたらしばらく家に入れてくれませんでした。泣きながらドアをたたいていたのを覚えています。


ふ〜、文章にしてみて整理できました。

今日のことで息子としっかり話し合うことができたのはよかったです。



 

 

髪型、落ち着きました

先日この髪型が気に入らないという記事を書きました。↓

その後去年の夏に1度カットしてもらい気に入ったけど、遠くて行くのをやめてしまったお店にもう一度行ってきました〜。

カクカクしていた髪型は美容師さんも 「なんでだろ〜。かなり重たいスタイルですね〜」と不思議そうでした^^;

それでこんな髪型に変えてもらいました。 (この顔、20代前半の自分の顔に似てる…)

結構短くなったので、シャンプーやドライヤーが楽になりました。カクカクもなくなって、鏡の前でも気分もよくなりました。

美容院って楽しみだけど、疲れます。長時間だし、寝たり雑誌を読めばいいのに長い沈黙が気になってたくさん話してしまう。それでも女性なら話題がいろいろ出てくるのでまだいいのですが、男性だと何を話したらいいやら、話さなくてもいいのに緊張してしまう。なので初めての予約時は女性に担当してもらうようお願いしてしています。

それにしても、服も髪型も何が似合うのかよくわからない年齢になりました。柄物やメリハリのきいた色は顔色が悪く見えたり、逆にパステルだと若すぎるのでは⁈と思ったり…。

いろいろ迷走中の春です^^;

にほんブログ村 イラストブログ 今日描いたイラストへ
にほんブログ村

本日は心療内科でした

今日は月一の心療内科でした。春休みなので、父親に留守番をお願いしました。

心療内科の先生とお話しするのは毎回楽しみに(時に切実に…)待っているのですが、待ち時間が結構長いです。1時間は当たり前です。 音楽もかけておらず、しーん、と静まり返った待合室に5人くらい予約者が待ってるのですが…。症状が重い時はなかなか辛いです。

呼吸や鼻をすする音、お腹のなる音(^_^;)、自分が出す音がうるさくないか気になってしまう。 緊張からいつもの空気嚥下症で苦しくなります。 静かすぎる場所は緊張しませんか?

今日はとても調子がよかったので何も気にならなかったです。ひたすらスマフォのゲームをしてしまいました。

1人だいたい20分から30分、じっくり話されます。以前は待ち時間が長いと、「長いな〜、何を話してるんだろう」と思ってイライラしてしまうことがありましたが、いざ自分の番になり先生と話し終わった後の時間を見たら20分以上だったこともあります。それからはイライラしないようになりました。

今日の診察ですが、一つ薬が減りました。 イライラや緊張するのを和らげる抑肝散という漢方薬を毎食前に飲んでいたのですが、副作用なのかむくみがひどくやめました。こちらは頓服で使用するのが私には合ってるようです。

抑うつ薬はまだ必要かと聞いたら、まだ数ヶ月は必要と言われました。この1ヶ月はまぁまぁ気分もよく、お出かけや人と会うと後でとても疲れたりはするのですが、会いたい、出かけたい気持ちは出てきています。

疲れてしまう、というのは私だけではなく、同じ年の友達もよく言っています。

「疲れたなぁ」というだけにすればいいのに、「また疲れた、何で?これだけで疲れてしまう私はだめだ」と落ち込むのが私(-。-;

そのことにとらわれないように、何か他のことに集中して忘れたり、しっかり寝たりすることが一番の解決策なんじゃないかと最近思うようになりました。

例えば…絵を描いてると知らないうちに呼吸が整います。 いつもより1時間多く眠ると首や肩がらくです。

家に帰ると兄はパソコン、妹はかくれんぼしてました。父に長い時間を見てもらいとても助かりました。

今夜も早く寝るとします^ ^

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ
にほんブログ村