夕風日記〜2人の子育てと心の記録〜

子育てを中心に、日々のあれこれを綴ります。居心地の良い毎日を模索中。イラスト好きです。

お盆休みの帰省〜長野にいます〜

スーパーあずさに乗って長野県に来ています。

やはり涼しいです! エアコンは必要なし!

環境が変わると体調を崩しやすいので、今回は安定剤持参で来ました(-。-; 緊張するからかな?

子供達は従兄弟と一日中ワイワイ遊んでとても楽しそうです。夜は花火を楽しんでいます。

都会じゃなかなか花火できる場所がないですまんね。

毎食お腹がはち切れそうになるほどご馳走をいただいてます。贅沢だけどね。 く、苦しい(笑)

ブログを書く時間や見る時間、絵を描く時間は少なくなるほどイベント盛りだくさんです。

今日は車で1時間ほど山にあるマス釣りに行ってきましたよ。

さっきまで生きていたマスさんを美味しくいただきました。ありがとう。ご馳走様でした。

今は男衆が子供達全員連れて銭湯に行ってます。 しばし休んでいます。

非日常で楽しいこともあるけれど、すでに我が家が恋しくなってます(゚o゚;;

みなさんも帰省している方が多いかな?

昔はこの時期働いてたなぁ…。

お仕事の方お疲れ様です。

☆☆☆

前回のぬいぐるみとサヨナラの仕方についてコメント、ブックマークありがとうございました。みなさんやはり捨てにくいですよね。

「自分のお気に入りのぬいぐるみを棺桶に入れてもらうよう、頼む。」

そうか。そういうこと何も考えてなかったです。ぬいぐるみじゃないけど、息子のファーストシューズは入れてほしいな^^

☆☆☆

いつもありがとうございます😊

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

ぬいぐるみのサヨナラの仕方に戸惑う

自分の幼い頃の写真を見ると、たくさんのぬいぐるみを抱っこしてにっこりしています。

お気に入りの大きなシロクマのぬいぐるみがミロ(あの栄養満点の?)で汚れた後牛乳臭さが取れず、牛乳嫌いのきっかけにもなりました。

今も牛乳は飲みません。 給食の時は冷えた状態で一気飲み!その後おかずでお口直しをしていました(笑)そして腹痛によくなったわ。

たーくさんあったぬいぐるみ。

実家に帰った時聞きました。

「あの子たちはどうしたの?私に何か聞いてから捨てたの?」

「うーん、あんたが大きくなってから多分聞いてから捨てたと思う。確か塩振って捨てたと思う」

と言ってました。聞かれた記憶はありません。塩で清めたのね(゚o゚;;

多分自然と興味をなくし、捨てられたことにも気がつかなかったんだと思います。

そして今の我が家のぬいぐるみ。

大きめのカゴにどっさり入ってます。

中央付近にいるクマさんは息子が赤ちゃんの頃から4歳くらいまで寝る時に一緒にいました。もうペチャンコです。

IKEAで買ったものや、人からもらったもの。 水族館で友達とお揃いで買ったもの。

両親がくれたもの。

カゴからはみ出してるのはぽぽちゃん。最近遊んでないなぁ。

買ってあげた時、2歳くらいだったかなぁ。

油性ペンで顔に激しく落書きをしてしまい除光液で拭いたら血色の悪いぽぽちゃんになりました。

たくさんありすぎて困ってます。触ってないものもあるし。。埃っぽくなるし。たまに洗って干したり、ただ天日干ししたりはしますが。

娘が犬のぬいぐるみを欲しがったので、

「じゃあ今あるぬいぐるみの、バイバイしようかな、というものはあるかな?」

と聞くとこどもちゃれんじの、しまじろうとはなちゃんでした。

これらはその年相応の時に何度も遊んだものだったけど、、今はたしかに全く使ってない。

「じゃあバイバイするね」と言って離れたところに持っていき、少しきれい目な袋に入れて、「あぁ、ごめんよ、でも今までありがとう。」

と心で伝えて袋を縛りました。

ぬいぐるみって、みなさんどうしていますか?

☆☆☆

いつもありがとうございます😊

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

帰省後の家事、ぐったり

台風の影響はどうでしたか?関東は夜中、風がきつく朝起きたらベランダが荒れてました。ゴミを取り雑巾掛けをしました。

被害が出ていないことを願います。

☆☆☆

今日は食事以外ほとんど動きっぱなしでした。

やはり夫1人では家が荒れますね。 と言っても私から見たら、です。誰も気がつかない網戸のホコリや廊下側の窓の汚れ。

一度も出さなかったプラごみ。

うぅ、、と声に出そうとしましたが、仕事も忙しいし、汚れは気にする人が掃除すれば良いという思いもあり、黙りました(あ、プラごみは言ったかも)

というわけで、買い出し、掃除、子供の宿題やらで夕方「あっつ〜」と言いながら唐揚げを揚げて、食べて今に至ります。

買い出しの時に一つベランダで育てる植物を買いました。

帰省中、水やりがうまく出来なかったようで一つ無残に枯れてしまったインパチェンスの代わりです。

(枯れたことも静かに攻めました。ごめんよ)

ヘンリーヅタ

秋頃には葉が高揚するそうです。丈夫で長持ち、実もなります。色が変わるのは楽しみだなぁ。

ニオイバンマツリに花が咲いてました! いい香り。

明日は心療内科。日曜から次は夫の実家に帰省します。お盆休みが終わったら数日後に学校も始まります。宿題、どうするんだ?息子よ…。。

復活スターやコメントもありがとうございます^^

☆☆☆

いつもありがとうございます😊

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

3年生と1年生を連れて帰省した感想

実家への帰省は10日間です。明日に帰ります。

短くもなく、長くもない「暇だ」連発を避けられた日数でした。

どうも台風の影響で関東は雨みたい。困りました。スーツケースに手荷物、リュック、子ども2人。近いけどタクシーかな…。

実家での日々は、 宿題は午前中に終わらせてから、持ってきたニンテンドーSwitchで遊んだり、ベランダプールしたり。

ショッピングモールで買い物、友達と2回ほど遊び、お祭りへ行き、じゃぶじゃぶ池で遊ぶ。

お祭りは大規模で、ノラちゃんやサンシャイン池崎も。大音量のスピーカーから聞こえる音がお腹にまで響いてました。大物芸人ということでたくさんの人で賑わってました! あまりの人混みで途中で帰りました(゚o゚;;

自宅で過ごす日常よりも遥かに活動的でヘトヘトな毎日になりました。なんせ京都は暑い!39度って関東とは全然違いますね。

両親の様子はどうでしょうか。 私から見た感じだと、以前ほど孫疲れにはなってないように見えます。それだけ子供達が成長したのかな。

私と両親の関係はというと、10日間という日数はお互いストレスの少ないものだったと思います。

長く帰省すると老夫婦の日常をワチャワチャと、うるさくさせてしまうことから疲れが溜まる。私の子供への教育なども気になるようになり注意をする。それで険悪になったりね。。

しかし、両親を見て思いました。 どうしてお互いの地雷を踏んでしまうんだろう…と。これを言ったら怒るでしょう。 そういうことに気が付かずお互いがピリピリとした言動、行動をしてストレスを溜めてるように見えます。

その愚痴は私が聞くのです。ちょっぴり疲れます。常に疲れたような文句があるような顔を見るのは私は疲れます。世話になっておいてワガママかもしれませんが。

ただ、私にはまだわからない年齢に伴った精神的な辛さ(もちろん肉体的にも)があるのはわかりました。

長年必死で働いて生活費を稼いでローンを支払い、祖母の面倒を見てきた両親。兄弟の死別。 子供の結婚、出産。海外赴任への心配もかけました。

ずっとずっと走り続けた両親。特に母は走り続けることの難しさを感じているようでした。

「もう無理だ。今まであんなに頑張ってきたけど、あのようにはいかない。情けない気持ちもある」と話してました。

その気持ちを聞いてからは「好きな事をこれから楽しんで」とは言えなくなりました。

私からの願いとしては、夫婦仲良く元気に過ごしてほしい。これだけです。

☆☆☆

石畳のんさん(http://nonishi.hatenablog.com/)のリクエストにおこたえして、学生時代の作品を載せます。(また小さく^^;) 素晴らしい作品を載せてる方がいる中、なんだか心苦しいですが思い切って!(笑)

☆☆☆

いつもありがとうございます😊

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

チャレンジ一年生と闘う私

夏休みも残り3週間を切りました。

なんだかんだと用事はありますが、宿題は順調に進み、残すは大物(自由研究や工作など)。一年生の娘はそれもほぼ終わりました。

三年生の息子は大物のみ。前の学校に比べたらとーっても少ないです。少ないので苦手な漢字を練習しています。←母強制

学校によってずいぶんと量が違うのですね!

実家で何も勉強しないのは良くないと思い、娘は「チャレンジ1年生」を持ってきました。

これ、塾や公文、学研に通わない分お安くお勉強できます。

しかーし、教えることに限界を感じることも。

娘は3月生まれ、そして発達が1年3ヶ月ほど遅れています。 支援級を勧められたけど引っ越し先では普通級になり、ギリギリのところでみんなについて行ってる感じです。

10桁以上の計算になったら個別指導が必要かな…とチャレンジを教えながら思います。

平仮名は好きみたいですが、文章問題や特に算数になると動きが止まります。

算数1ページ、国語1ページ。自分で考えさせながら、時々私が教えながら2時間弱かかります。

そりゃ、もう穏やかに教えるのは最初だけ。 最後は「本気で考えてるんか!」と言ってしまいます( ; ; )

だいたい子供の集中力なんて15分くらいじゃないですか。。それを2時間もかけてやっていたら途中から娘は勉強なんて考えていないのではないか。。私もやらせすぎだ。

「あぁ、プロの方に教えてもらえたら楽だろうなぁ」と思ったりもしますが、 チャレンジ一年生は「やめない!」と意思は強いです。 プレゼントがもらえるからね〜(^.^)

考えても教えてもわからなくなったチャレンジに限界を感じたら(私が)途中で切り上げて娘の好きな事をさせてやることにしています。

うん、そんな時もあります!

午前、午後に分けるのもいいかもしれません。

待ちに待った噴水遊び。1、2歳くらいの小さなお子さんが可愛らしくて癒されました。

帰ってから一休みして30分ほどで国語1枚終わりました。意外と早かった。やはり休憩は必要ですね。

噴水で気持ちいい娘と違い汗だくで見守る私。39度の炎天下で1時間ほど遊びましたよ。。

しばらくは親子で頑張ります…。 怒らない術を身につけます。

☆☆☆

いつもありがとうございます😊

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

スター復活と御礼

前回の記事にブックマークやコメントありがとうございます。

両親に、「昔描いてた他の絵はどこにあるの?」と聞いたら、タンスの裏に保管してるようです。大きいのでそうするしかなさそう。

前回の記事でアクセス数が私にしてはとても多く「なぜ?!」と思い、実家の重た〜いパソコンを開いて調べてみました。 (普段はスマホで書いてます)

すると、はてなブックマークの他にスマートニュースというのが34パーセントありました。

なんでしょうか💦

とにかく多くの方に読んでいただき感謝しています。

パソコンを立ち上げたついでにスターも復活してみました!!

どうやって復活させるか時間がかかりました。ブログ3年目にしてまだこの程度です…。

☆☆☆

実家では友達に会ったり出かけたり、毎日用事しているとあっという間に時間が過ぎます。

そして体にもガタがきてます。首肩ゴリゴリでバンテリンを塗りまくってます。ピップエレキバン200を忘れたのがいけなかった(笑)

f:id:msatomi304:20180804180831j:plain

これは妊婦時代に描いたもの。 里帰りした時に描いたのかな。アヤフヤ(-。-; またタッチが違うなぁ。

少し新しくなった私のブログですが、これからもよろしくお願いします(^人^)

☆☆☆

いつもありがとうございます😊

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

美大生になるまでを思い出した

今から何年前のことになるでしょうか。(遠い目…)

中学生の頃から「大学は仏教系か美大かなー」とやんわりと思ってました。「いや、美大だな」の方が気持ちが強かったかな。

とにかく絵を描くことだけは好きでした。勉強はさっぱり。

小学生から中学生は漫画を描いて自己満足で終わってました。当時流行ってました。

高校は美術専門のクラスがあるところを選びました。

2年生になるとそこで油絵や立体作品、いろいろやりましたが油絵が楽しかったな〜。

3年生になりそろそろ本格的に受験のことを考えました。

今はどうかわかりませんが、 「美大生になるのは狭き門、倍率は30倍以上」が当たり前。

それに気がついたのは高3の夏前(;_;) 最初の試験が11月なのにもう間に合わない!と慌てて美大専門の塾(アトリエ)に通うことにしました。

手描き専門の学科を目指し、そこ意外なら入学しても意味がないと思えるほど入りたい大学に出会い、何度も過去問を描きました。

デッサンの練習は顔や手が真っ黒になりながら全員が必死で取り組んでいました。

浪人生も多く、ものすごく上手なデッサンを見て「こんなにうまく描けない、無理だ」と絶望的になったことも。。

でもアトリエ教室はすごく楽しくて学校帰りに寄るのは嬉しかったです。

仲間とともに夏休み毎日通った青春時代(笑)

充実してました。(思い出はキラキラ光るものですね)

試験当日、とっても寒かったのを覚えています。仲間と輪になってクロッキーをして手を温めて試験に臨みました。

☆☆☆

大学ではもちろん何度も描いて描きまくったけど、途中から「本当に好きなのかな」と悩むことも多かったです。

大学は絵を教える、ということはなく、絵を描く時間をたくさん与えてくれる場所でした。

素晴らしい才能のある学生が中退することもありました。

絵で生きていくことはとてつもなく大変なことなんだとも知りました。

私は絵を生かした仕事を、就職する形で卒業しました。フリーで仕事をする人は少なかったです。その後勉強してフリーで活躍する友達もいます。

なぜ急にこんなことを思い出したかと言いますと、帰省したら親が学生時代の絵を飾っていたからです。

これ、飾る?というような作品。額縁にすら入っていないのに。かべにどーんと飾っていました。 小さめに載せます…

この子、形が取れずに苦労しました。なんども描き直しました。先輩に相談しながら、泣きながら。もうその頃から私弱っちい。

美大生の頃の思い出ももちろんありますが、「本気で受かりたい!!」とあれほど強く思い取り組んだ青春時代(また言う)は私の大切な時間でした。 (それまで何かを目覚まして頑張ると言うことをしてこなかった)

もちろん、卒業する時学費を払ってくれた親に感謝しました。親になってわかる。。美大は学費が高い(-。-;

…好きなことを仕事にすることは難しい。

でもブログに絵を載せたり、学生時代の作品を見たりしていると、やはり自分は絵を生かした仕事がしたい、と改めて思いました。

ゆっくりでいいから実現したいです。

☆☆☆

いつもありがとうございます😊

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村